香川) ル・パン・ドゥ・アベス(高松市松縄町のパン屋さん)へ。天然酵母のハード系がお気に入り

取材の仕事でレンタカーを借りると、余った時間で、どこか普段は自転車と電車では行きづらい場所へ出掛けてみることが多い。ネットで調べていると、「ル・パン・ドゥ・アベス(Le pain de Abbesses)」という高松の美味しそうなパン屋さんを見つけ、寄ってみた。


住宅地に現れた可愛いお店。


お惣菜パンに甘いパンに、種類が豊富。


たいていの人はお気に入りのパンが見つかりそうなくらい、いろいろある。


ぼくの好みはハード系。ハード系も迷うくらいいろいろあった。フランス産の小麦を使った「ドゥミ アベスバケット」や、クルミとレーズンの入った自家製天然酵母パン「ノアレザン」、ハチミツとジンジャーの入った珍しいのも購入。カンパーニュは十勝産のオーガニック小麦を使用しているらしい。

レーズンもこだわりで、米国カリフォルニア州、モハベ砂漠原産の「モハベレーズン」というのを使っていて、ブドウを枝のまま天日干ししてつくられているらしい(オイルコーティング無し)。

お店の中にイートインスペースもあって、無農薬の紅茶と一緒に、買ったパンを早速いただいた。


お店に来たときはお客さんがいなかったのに、その後、続々と何組もやって来て、かなり流行っている模様。県外ナンバーの車も到着し、今どきは評判がよければネットとナビでどこへでもやって来る時代だなぁと。

イートインスペースは外国のテラス席っぽくて、外を眺めるのが楽しい。真ん前にマンションがあり、こんなところに住んでいたら、毎朝食べに来てしまいそうだと思った。

ハチミツジンジャーのハード系パンが美味しくて、だいぶ食べてしまったのでもう一つ買って帰った。

店主はミシュラン三ツ星レストラン「ジョエルロブション」のパン部門で7年、地元のパン屋で3年修行を積んだ後でこちらのお店をオープンされたらしい。三ツ星レストランなんて聞くと、ちょっと気構えてしまいそうになるけれど、全然肩の凝らない庶民的なあたたかみのあるお店だった。

ちなみに「ル・パン・ドゥ・アベス」というの店名は、フランスのパン屋さんがたくさんある通りの名前らしい。


●お店の情報
ル・パン・ドゥ・アベス(Le pain de Abbesses)
営業時間:
月曜日/9:00 - 19:00
木 - 日/9:00 - 19:00
住所:〒760-0079 香川県高松市松縄町1143-29
電話番号:087-813-8181
ウェブサイト: http://le-pain-de-abbesses.jp/




【関連記事】

by 硲 允(about me)
twitter (@HazamaMakoto