リウマチの原因は合成洗剤などの化学物質!? 自然素材の洗剤を使おう

リウマチの原因は多くの場合、食器洗い用の合成洗剤だということを、骨法の師匠のほねほね先生から初めて聞かされたときは驚きました。

facebookにも記事を書かれています(下の画像の右上の f をクリックすると読めます)。



リウマチが発症するのは男性よりも女性のほうが多いのも、合成洗剤に触れることが女性の方が多いからでしょう。ほねほね先生の松縄骨法院(香川県高松市)にリウマチで治療を受けに来る方も女性が多いけれど、リウマチで来る男性は決まって、「食器洗いだけは私の仕事なんです」などと言うそうです(!)。

ネットで調べてみると、リウマチの原因は合成洗剤などの有害化学物質だと指摘されている方は他にもいます。

大阪の「医療法人聖仁会 漢方科 松本医院」のウェブサイトでも、リウマチについて以下のように書かれています。

リウマチは関節の痛みを主な症状とする原因不明の慢性炎症性の病気であるとされ、さらに現代医学では治らないともされています。また、最も多い自己免疫疾患のひとつで膠原病とも言われています。
私から言わせると、原因不明の病気などというのは、元来、ありえないのです。病気の原因は人間にとって不必要な異物が侵入した時に、それに気づいた免疫が排除しようとした時に起こるものです。さらに自己免疫疾患という病気も絶対にありえません。
私はリウマチもアレルギーも同じ異物を排除しようとしている人体の正しい免疫反応であると考えています。

うちでは合成洗剤どころか、動物性食品を食べなくなってから食器洗い洗剤の必要がなくなり、長らく使っていませんが、昔は毒々しい色の合成洗剤を何の疑問ももたずに使っていたものです。

何の危険性も感じずに、合成洗剤を使用されている方は多いと思います。合成洗剤を使うときはゴム手袋をするようにと書かれているようですが、わざわざゴム手袋をする方は少ないのでは…。ほねほね先生が記事に書かれているように、食器洗いのときにゴム手袋で自分の身を守ったとしても、排水がやがて海に流れ、海の生きものの体内に入り、人間がやがてその生きものを食べ、自分が出した毒物はやがて自らの元に戻ってくるものです。

日々、どんな暮らしをするかは人それぞれの選択。合成洗剤が地球を汚すことは誰でも知っているでしょうし、身体によいものだと思っている方も少ないでしょう。安いし、どこでも手に入りやすく、油分がすっきり落ちるから、合成洗剤を選ぶ方が多いのだと思います(自然由来の洗剤でも、比較的安価な商品はありますし、ちょっと探せば手に入るしネットで注文すればどこへでも届けてもらえるし、洗浄力も十分だと思いますが…)。今までは自分以外の人が使う洗剤にまで口出しすることはなかったのですが、リウマチの原因にもなるという衝撃的な話を聞いてからは、あちこちで言い回ってます。

もちろん、リウマチの原因は食器洗い用の合成洗剤だけに限らないでしょう。有害な化学物質をはじめとする、人工社会がもたらすあらゆる毒物は、あらゆる場所で、さまざまな方法で人体に入ってきます。薬の大量投与もリウマチの原因になるそうです(ほねほね先生のブログ記事より)。

健康被害のリスクがあるものは、避けられるなら避けるに越したことはありません。



うちではこの「えがおの力」を衣服の洗濯用に使っていますが、食器洗い用洗剤としても使えるそうです。植物由来の成分のみで、蛍光剤、漂白剤、合成界面活性剤などの石油系化学原料は不使用。



こちらは、パックスナチュロンの食器洗い用液体石けん。植物油を原料にし、無香料・無着色、合成界面活性剤などの合成化学物質は不使用。パックスナチュロンの商品は、前にシャンプーを使っていたことがあります。

他にも探してみたのですが、案外、これは、というのが見つかりません。「自然派」っぽくても、100%植物由来ではない商品も多いです。自然素材を謳っているのに、洗った食器に香りが残るくらい強い人工香料を使っているらしい商品も見かけました。どうせなら、合成化学物質を全く使用していないかどうかを念入りに確認するのがよさそうです。


【関連記事】

by 硲 允(about me)